通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > システム > ユーザーIF > GUI(画面) > 製品名
XFree86
辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ一般編 (PNAPLLI)
読み:エックス-フリーはちろく
外語:XFree86
品詞:固有名詞

X11の実装の一つ。The XFree86 Project, Incが開発しているX Window System。しかし既に消滅寸前である。

目次
仕様
動作環境

UNIXおよびUNIX互換OSで稼働する。

公式にはLinux、全てのBSD、Sun Solaris x86、OS X(Darwin)、そしてOS/2風プラットフォームとCygwinで稼働するとされており、XFree86に問題が発生するまでは、ほぼ全てのBSD系OSと各種UNIX、そして主要なLinuxディストリビューションでX Window Systemの実装として採用されていた。

沿革
特徴

XFree86 4.0.0以降は、バージョン番号のうちリリース番号が西暦下一桁と一致することを特徴としていた。

ライセンス問題発生以降も、XFree86 4.8.0までは毎年のリリースをしていたが、その後は途絶えた。結果、2008(平成20)年にリリースされたXFree86 4.8.0を最後としている。

終末
事件

2004(平成16)年2月29日にリリースされたXFree86 4.4.0からの新ライセンスに、旧BSDライセンスと同様の「宣伝条項」が追加された。

当の開発者やRed Hat、SUSE、Mandrake、Debianなどの主要LinuxディストリビューターからGPLの第6項と矛盾すると猛反発が上がり、大騒ぎとなる。

中でもRed Hatは4.4.0は絶対に採用しないと猛反発を始め、Debianもそれに続いていた。

XFree86の開発メンバーの一部もXFree86を離脱、こうして新たに派生バージョンとしてX.Orgが登場した。

BSD

FreeBSDNetBSDに代表されるBSDは、それ自体がBSDライセンスで配布されているわけである。XFree86が採用した旧BSDライセンスと、この時点での新BSDライセンスは親和性は損なわれていない。従ってBSDユーザーにとっては何の問題もない。

しかしながら、Linuxはもとより、この各種BSDさえもX.Orgに移行してしまったため、状況を鑑みるにXFree86にはもはや未来はないものと思われる。

その理由は自明で、皆がX.Orgに移行してXFree86を使わなくなれば、XFree86の進歩は止まってしまうわけである。古いものを使い続ける理由は無い、ということになるのだろう。

リンク
関連するリンク
XFree86
用語の所属
X Window System
Xサーバー
関連する用語
X.Org (実装)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic