通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 予約語・関数など
case
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:ケイス
外語:case
品詞:名詞

C/C++/Java/C#などの予約語の一つ。

目次
概要

switch文の分岐先を示すラベルを指定する。

DelphiなどのPascal系の言語では、case文自体がswitch文相当の分岐文として存在する。

特徴
C/C++

通常の構文は、switch文中に書き、caseでラベルを指定する。

switch (var)
{
    case 0:
        printf("var is 0\n");
        break;
    case 1:
        printf("var is 1\n");
        break;
    default:
        printf("var is the others\n");
        break;
}

switch文が実際にすることは、マッチするcaseラベルへのジャンプであるため、あるcaseラベルに分岐したあと、何もしなければ後続するcaseラベルの処理も続けて実行される。これを回避するためにbreak文がある。

また、いずれのcaseにも該当しない条件を指定するために、defaultラベルが用意されている。

GCC拡張

標準規格では、case文のcaseに指定できる値はただ一つだが、GCCではPascalのように値の範囲を指定することができる。

switch (var)
{
    case 0...10:
        printf("var is 0 to 10\n");
        break;
    case 11...100:
        printf("var is 11 to 100\n");
        break;
    default:
        printf("var is the others\n");
        break;
}

clang 3.0では未対応である。

リンク
関連する用語
switch
break
C
C++
Java
fall through

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic