通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 団体・事業者 > 回線・ネットワーク組織
BITNET
辞書:通信用語の基礎知識 通信団体編 (CYORG)
読み:ビットネット
外語:BITNET: Because It's Time Network
品詞:団体組織名

かつて存在した、ニューヨーク市立大学とエール大学を結んだ学術ネットワーク。

目次
概要

ファイル転送だけでなく、情報配信のために電子メールLISTSERV(メーリングリスト)サーバーが提供されていた。

このネットワークは、ストアアンドフォワード方式かつポイント・トゥー・ポイントであることが特徴となっていた。従って、ファイル転送も電子メールも、次のサーバーに全てが送信されてゆくバケツリレー方式となっていて、Usenetと似たシステムであった。

特徴

元々はIBMシステムで提供される自由なNJEプロトコルに関連し、「Because It's There Network」と呼ばれていたが、やがて「Because It's Time Network」と呼ばれるようになった。

最盛期では、北米からヨーロッパ、インドにまで網は広がっていたが、やがてTCP/IPの普及によって需要が低下、CRENは1996(平成8)年にサポートを終了した。

その後も小規模なネットワークが分散して残ったが、10年程度過ぎた頃にはほぼ自然消滅した。但し、インターネットで当時のBITNETプロトコルを利用するユーザーはその後も存在するとされている。

リンク
関連する用語
CREN
電子メール
LISTSERV

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic