通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > 物理層(信号・符号) > 信号線
CD (JIS X 5101)
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順物理層編 (CPPMD)
読み:スィーディー
外語:CD: Carrier Detect
品詞:名詞

キャリアディテクト。JIS X 5101(≒RS-232C)でキャリアの検出状態を示す信号で、DCEDTEに対して通知する。

目次
概要
名称

「CD」はJIS規格名であり、各規格ごとに、次のように呼ばれる。

いくつかの俗称があり、「RLSD」(Receive Line Signal Detect)、あるいは「DCD」(Data Carrier Detect)などとも呼ばれる。

端子

コネクター等における、該当ピン番号は次のとおり。

特徴

シリアル通信規格JIS X 5101(≒RS-232C)では「データチャネル受信キャリア検出」とされている。

二装置間が接続状態にある場合に信号はマーク(1)になり、接続が切断されると信号はスペース(0)になる。

モデム等では、この信号状態がLED等で表示されているのが普通である。

モデムの場合、着信の合図としてCIが変化するので、それに対応して端末側でCDを変化させ接続状態とする。またATコマンド方式モデムでは、信号線がONになると「CONNECT」、OFFになると「NO CARRIER」というメッセージを端末に返す。

リンク
用語の所属
RS-232C
CD
関連する用語
RS-232Cレベル
RLSD
モデム
CONNECT
NO CARRIER

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic