通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > 物理層(信号・符号) > 信号線
CS (JIS X 5101)
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順物理層編 (CPPMD)
読み:スィーエス
外語:CS: Clear to Send
品詞:名詞

送信可。JIS X 5101(≒RS-232C)でDCEが受信可能な状態を示す信号で、DCEDTEに対して通知する。

目次
概要
名称

「CS」はJIS規格名であり、各規格ごとに、次のように呼ばれる。

いくつかの俗称があり、「CTS」(Clear To Send)などとも呼ばれる。

端子

コネクター等における、該当ピン番号は次のとおり。

特徴

シリアル通信規格JIS X 5101(≒RS-232C)では「送信可」とされている。

フロー制御に用いる信号線で、ハードウェアフローとも呼ばれる。RS/CSを用いる方式をS制御という。

DCEがDTEからの通信を受信できる状態のとき、信号はマーク(1)になり、さもなくば信号はスペース(0)になる。

一方のCS信号は、通信相手のRSと接続される必要がある。

リンク
用語の所属
RS-232C
CS
関連する用語
RS-232Cレベル
S制御

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic