通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 文書・書籍 > RFC > 番号 > 〜0999
電子計算機 > 文書・書籍 > RFC > 番号 > 〜2999 > 2100番台
通信 > プロトコル > 階層分類 > 上位層 > 制御 > IPネットワーク
DHCPリレーエージェント
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術上編 (CTINFO)
読み:ディーエイチシーピーリレーエージェント
外語:DHCP relay agent
品詞:名詞

DHCP(正確にはBOOTP)のパケットをリレーするルーターなどの機能。

目次
概要

ホスト数増加やセキュリティ確保などの理由で、一つの組織内部にサブネットが複数あるのは良くあることである。

DHCPクライアントからDHCPサーバーへの最初の通信である「DHCPDISCOVER」はブロードキャストによる通信であるため、ルーターを超えて別のサブネットへ到達することができない。サブネットごとにDHCPサーバーを設置する必要があるが、これは無駄なことである。

特徴

そこで、DHCPリレーエージェント(普通はルーター)はDHCPDISCOVERが送られて来た場合、それとリレーエージェントのIPアドレス(DHCPサーバーが正しいIPアドレスを与えるために必要)とをDHCPサーバーのあるサブネットへと送ることで、1台のDHCPサーバーで複数のサブネットを管理できるようになる。

元々はBOOTP relay agentとしてRFC 951で定義され、現在ではRFC 2131で定義されている。

リンク
関連する用語
DHCP
DHCPサーバー
ルーター
BOOTP
パケット

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic