通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > 携帯電話 > 日本 > au > サービス
EZweb
辞書:通信用語の基礎知識 無線電話サービス編 (WTELMS)
読み:イージーウェブ
外語:EZweb
品詞:商品名

auが提供する、WAPに準拠したEZサーバーを介したネットワークサービスの名。各種生活情報の提供サービスが行なわれている。

目次
概要

元々は、かつてのDDIセルラーIDOツーカーグループの時代に、cdmaOne/PDC用サービスとして提供を開始した。

当初、IDOでのみEZaccessという名でサービスを提供していたが、2000(平成12)年7月にサービス名をEZwebに変更し、全3社でサービス名が統一された。

速度

転送速度は端末のデータ通信機能に依存する。

標準時で最高14.4kbps、高速パケットサービス利用時で最大144kbps、PacketWIN(CDMA 1X WIN対応機)なら最大で2.4Mbpsである。

PDC

cdmaOneからサービスが開始され、後にDDIセルラー(現在のau)とツーカーのPDCでもサービスが開始された。

但しPDCは交換回線であったため、当初は通信時間に応じた課金体制で、速度は最大で9600bpsであった。

そこでツーカーグループは2001(平成13)年7月からP@bitの導入によりパケット課金体制に順次移行、これによりツーカーグループでのデータ通信速度は下り28,800bps、上り9,600bpsとなる。

機能

現au陣営は、当時のNTTドコモのiモードに全面的に先行されてしまった。

このため当初はコンテンツも劣っていたが、やがて充実。

またEZweb B/EZwebプレミアムサーバーでスケジュールやアドレス帳を管理するPIMサービスなど独自のサービスも提供されていた。PIMについては、EZweb@mail開始に伴い、サービスが終了している。

独自サイト

基本的に旧WAP1端末ではHDMLでコンテンツを書かなくてはならないため、独自サイトは非常に少なかった。

しかしWAP 2.0に対応し、XHTMLが利用できるようになってからは、これも改善されている。使用可能な画像形式は標準ではBMPのみで、カラー端末からPNGに対応した。JPEG対応は当初は端末依存だったが、現行機種では全て対応している。

メール

EZwebには電子メールがある。但し端末に配信されるのではなく、サーバーに蓄積されるもので、端末はサーバーに逐一読みに行かなければならない。インターネットで言えばIMAPのようなものである。

メールの最大受信容量は全角2,000文字、最大送信容量は全角/半角問わず255文字であった。

しかしこれは不評だったので、後に提供が開始された後継のEZweb@mailでは、端末にメールが配信されるようになった。

メールアドレスは契約回線により少しずつ違うものが利用される。

メールアドレス

◆は一桁の数字。

◇はb,c,d,e,f,jのどれか一文字。

○はg,hのどれか一文字

リンク
関連するリンク
http://www.au.kddi.com/ezweb/
用語の所属
au
ツーカーホン
EZ
関連するサービス
EZweb@mail
EZaccess
EZアプリ (Java)
EZアプリ (B)
関連する用語
cdmaOne
WAP
HDML
WML
PDC
電子メール
iモード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic