通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 用途分類 > トンネリング > レイヤー4以上
Ethernet over IP
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:イーサネット-オーバー-アイピー
外語:EoIP: Ethernet over IP
品詞:名詞

Ethernetフレームを、IPネットワークで運ぶことができる技術。

目次
概要

通常のLANでは、IPベースの通信はTCP/IP/EthernetあるいはUDP/IP/Ethernet、といった構造である。

通常のインターネット経由の通信では、ルーターでEthernet層が剥がされ、何らかの媒体向けのプロトコル(ATMなど)の上にIP層以上が乗せられ、相手方のルーターへと届けられることになる。つまりEthernetを流れる、IP以外のフレームは、送ることができない。

もし、インターネット経由で複数のLANを接続したいと考えたとき、Ethernetを流れる全てのフレームをそのまま交換出来れば、物理的に離れた場所同士があたかも同じLANのように扱える。これを実現すれば、Windowsのファイルとプリンター共有が可能になるほか、IPXやAppleTalkのようなIP以外のプロトコルも、そのままで交換できる。

特徴

Ethernet over IPは、EthernetのフレームにIPヘッダーを付ける。つまり、Ethernetのフレーム全体をIPのペイロードとして送受信する。これを、カプセル化されているという。

主要な実現方法として、次の二種類がある。

以下も、ある意味似たような技術であろう。

リンク
関連する用語
IP over Ethernet

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic