通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 文書・書籍 > RFC > 番号 > 〜0999
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > データリンク層(符号)
IP over Ethernet
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:アイピー-オーバー-イーサネット
外語:IPoE: IP over Ethernet
品詞:名詞

IPでの通信をEthernet上で伝送するもの。略してIPoEとも。RFC 894で規定されている。

目次
概要

現在使われているLANは、一般にIPv4/IPv6をEthernet上で使う、つまりこのIP over Ethernetである。

広く普及していることもあり、意識されることもなく、あえてIP over Ethernetなどということも殆どない。

ただ、ADSLはじめxDSLの場合はデータリンク層(レイヤー2)にATMを使用するのが一般的であり、IP/PPP/Ethernet/ATMという階層構造のPPP over Ethernet(PPPoE)が使われるため、この分野では区別のためにIP over Ethernetという語を使うことがある。

特徴

LAN内では、IPの下はすぐにEthernetとなるIP over Ethernetが一般的だが、外部(インターネット)との通信の場合は、若干異なる。

上述のようにPPPoEを使用するのが一般的だが、もう一つ、IP over EthernetのフレームをそのままAAL5でカプセル化する方法がある。この方法はMultiprotocol over ATMと呼ばれRFC 2684で規定されており、上位がIPであるこの場合はIP over ATMともいう。

リンク
関連する用語
IP
Ethernet
Multiprotocol over ATM
IP over ATM

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic