通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 文書・書籍 > RFC > 番号 > 〜2999 > 2600番台
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > IP
通信 > プロトコル > 規模分類 > WAN > ATM > 応用方法
IP over ATM
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:アイピーオウヴァーエイティーエム
外語:IP over ATM
品詞:名詞

IPカプセル化してATMネットワーク上に実装する技術。

概要

ATMデータリンク層として扱うことで、他のレイヤーに影響を与えず、一部または全部にATMを用いたTCP/IPネットワークを構築することができる。

ATM層の下層としては普通SONET/SDHが存在し、その下層にWDMなどが存在するため、全体として複雑になってしまうのが難点である。但しATMのQoS機能が利用できるため、電話回線と併用する場合には便利。

仕様は、RFC 2684提案標準プロトコル(PROPOSED STANDARD)扱いで公開されている。

リンク
用語の所属
ATM
関連する用語
IP
TULIP
Multiprotocol over ATM
IP over SONET
IP over WDM

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic