通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > 携帯電話 > 日本 > Softbank・旧Voda・旧J > サービス
Javaアプリ
辞書:通信用語の基礎知識 無線電話サービス編 (WTELMS)
読み:ジャバ-アプリ
外語:Java appli
品詞:商品名

かつてJ-フォンが提供していた、Javaを利用したアプリケーション提供サービスのこと。

目次
概要

インターネット接続サービスJ-スカイで提供されており、対応J-PHONE端末に導入されたJava実行環境(JVM)により、各種アプリケーションが利用可能となるサービスである。

なお、Vodafoneになってからは「Vアプリ」となり、ソフトバンクモバイルになってからは「S!アプリ」となった。

特徴

2001(平成13)年6月22日からサービスを開始。

最初の対応端末はシャープ製のJ-SH07で、開始当初のJava対応コンテンツ数は29、その中で提供されたJavaアプリ数は計57個だった。

更に、Javaアプリでは、携帯電話としては世界初の「3Dポリゴン」に対応している。

月額基本料等は一切無料で、2001(平成13)年9月現在、1Kバイトあたり2円のパケット料金のみで利用できた。

リンク
用語の所属
J-フォン
J-スカイ
関連する用語
Java
iアプリ
EZアプリ (Java)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic