通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 文書・書籍 > RFC > 番号 > 〜6999
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP
WebSocket
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み::ウェブソケット
外語:WebSocket
品詞:名詞

常にサーバーとクライアントを接続し続けることで、AjaxやCometなど通信の要求数が多い技術を用いる場合でも通信の効率化を可能とする技術。

目次
概要

RFC 6455としてPROPOSED STANDARDで公開された、TCP上で動作する通信プロトコルである。HTML5でも採用された。

サーバー/クライアント間で一度接続を確立すると、明示的に切断処理をしない限りはその接続が維持され、必要に応じて随時データの送受信が可能となる。

従来のHTTPでは、通信の都度TCPのセッションを消費しており、とても非効率だった。そこで、HTTPが直接TCPを使うのではなく、間に一層挟むことで効率化するWebSocketが発案された。

特徴

WebSocketで通信している場合は、WebブラウザーWebサーバー間はではセッションが維持され続け、双方向のリアルタイム通信が可能となる。

これにより、リアルタイムに情報更新するWebサイトWebチャットなども、効率よく実現することが可能となる。

リンク
関連する用語
Webブラウザー
WebRTC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic