通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

伊勢物語

辞書:文化用語の基礎知識 文学編 (LLITE)
読み:いせものがたり
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

歌物語というジャンルの祖。後世の大和物語や平中物語、源氏物語の構想にも影響を与えた。

901(延喜元)年以前に原型ができたと言われる。業平の家集『業平集』を参考として作られた『源伊勢物語』が増補され、種々の異本が成立したと考えられている。「在五が物語」「在五中将の日記」とも呼ばれる。

作者未詳。在原業平の自記、業平の自記に次男の滋春(しげはる)が書き継いだもの、業平の作に伊勢が補筆した物、紀貫之の作とさまざまな諸説があるが、定かではない。

関連する用語
歌物語
大和物語
源氏物語

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club