通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

イコサペンタ塩酸

辞書:科学用語の基礎知識 化学編 (NCHEM)
読み:イコサペンタえんさん
品詞:名詞
2007/02/15 作成
2016/03/11 更新

そんな塩酸はない。が、日本ではあると信じられているらしい謎の塩酸である。

IPAことイコサペンタエン酸のことを、誤ってこのように解釈する人がいる。

  • 行こさ (行こうよ)
  • ペンタ (意味不明)
  • 塩酸 (意味不明)

IPAはicosapentaenoic acidの略であり、正しくはicosapentaenoic(イコサペンタエン)+acid(酸)→イコサペンタエン酸であった。

  • 2007(平成19)年2月15日: Googleでの日本語ページヒット数は1件
  • 2016(平成28)年3月11日: Googleでの日本語ページヒット数は約59件 ("" で括った場合)

今のところは、旧名の誤解である「エイコサペンタ塩酸」の方が人気が高いようだ。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club