通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

急性毒性

辞書:科学用語の基礎知識 化学編 (NCHEM)
読み:きゅうせい・どくせい
品詞:名詞
2004/04/28 作成

毒性のうち、投与されてから短期間で発揮される毒性のこと。

青酸カリ農薬、あるいはサリンVXなどのようなものがよく知られるところである。

急性毒性が高い物質は、体内に摂取されてから毒性が発現するまでの時間が短い。つまり劇的な効果が目に見えることから、毒性といえば急性毒性を連想する人も多い。作劇中に登場する毒は、そういったよく知れた急性毒性の高い毒物である。

急性毒性を示すのに "LD50" などの指標が用いられる。

関連する用語
毒性
LD50

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club