通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

マウス

辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:マウス
外語:mouse 英語 , 鼠标 大陸簡体 , 鼠標 台灣正體
品詞:名詞
1997/06/23 作成
2008/06/01 更新

手の平サイズのポインティングデバイスで、机上などの平らな面の上で滑らせるように動かすことで画面上のポインターを操作する機器。直感的かつ容易な操作を実現する。

小型で丸い形状と、上部から延びたケーブルを尻尾に見立てることでネズミのように見えることからこの名で呼ばれる。

現在のGUI環境にはなくてはならない装置の一つとされ、デスクトップ型の場合では殆どの電子計算機に標準搭載される。

ここでは、主としてボール式の、古典的なマウスについて述べる。

由来

1960年代に、スタンフォード研究所のダグラス・カール・エンゲルバート(Douglas C. Engelbart)により発案、開発された。

この当時、ポインティングデバイスとしては既にライトペントラックボールは存在していた。

なお、マウスという名称はいつの間にか付けられた呼び名であり、エンゲルバート本人が命名したものではない。

機構

原理的にはマウスを平らな面の上で滑らすことで底面にあるボールが回転し、その回転量が検出されることでポインターの移動量が求められる。

回転数と移動量の比率によってポインターの動作速度が変わる。遅いもので100カウント程度から、早いものでは800カウント程度まであり、一般的には200〜400カウント程度のものが主に使われる。

中には、これを設定して切り替えられるものや、操作中に動的に変化させられる可変カウントの製品もある。また、装置側でなくドライバー側で速度を制御するものもある。

なお、カウント数とは別にマウス本体の物理的移動量はミッキーという単位で表わされる。

ボタン

マウスの上部(手の平を乗せた時に指先の当たる場所)にはボタンが備えられ、これを押すことで選択操作などを行なう。

ボタンを「押すこと」をクリック(する)と呼ぶ。ボタン自体がクリックという名前なわけではない。

上部のボタンは1〜3個程度が一般的で、1ボタンのものはMacintoshで、2ボタンのものはMicrosoft Windowsパーソナルコンピューターで、3ボタンのものはUNIX(のX Window System)系の電子計算機で、主として用いられている。

また、ボタン上にホイールと呼ばれる回転ダイアルが供えられた製品もあり、主にWindowsで利用されている。

難点

難点として、ボールおよび回転検知部に埃やゴミが付着しやすく、また平らな面上で動かすことが条件だが平滑すぎるとボールが空回りしてしまい操作に支障をきたすことがある。

この問題を回避するには、小まめなメンテナンスを必要とし、適度な摩擦を持ったマウスパッドと呼ばれる板の上で操作するのが効果的である。

派生

ボール式にある原理的な問題の改善を図ったものに、光学式マウスというものもある。

また、「尻尾」部分であるケーブルも操作の邪魔になりやすいため、回避としてケーブルを引っかけておくケーブルガイドや、余分なケーブルを巻いておく製品などがあるほか、原理的に改善を図ったワイアレスマウスまたはコードレスマウスというものもある。

古典的なもの

Microsoft Mouse 旧版
Microsoft Mouse 旧版

Microsoft Mouse
Microsoft Mouse

ホイール付きマウス

LOGITECH MouseMan Wheel
LOGITECH MouseMan Wheel

Microsoft IntelliMouse
Microsoft IntelliMouse

Microsoft IntelliMouse Pro
Microsoft IntelliMouse Pro

Microsoft WheelMouse
Microsoft WheelMouse

光学式マウス

Microsoft IntelliMouse explorer
Microsoft IntelliMouse explorer

Microsoft IntelliMouse w/eye
Microsoft IntelliMouse w/eye

Microsoft IntelliMouse w/eye裏
Microsoft IntelliMouse w/eye裏

Microsoft IntelliMouseOptical
Microsoft IntelliMouseOptical

Microsoft IntelliMouseOptical SpecialColorVersion
Microsoft IntelliMouseOptical SpecialColorVersion

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club