通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

チェックサム

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術物理層編 (CTPMD)
読み:チェックサム
外語:CSUM: check sum 英語
品詞:名詞
1998/09/17 作成
2014/12/25 更新

確認用の和。データ通信時などに、そのデータが途中で狂ったり落ちたりしていないかを確認するために付けられる、データを足し算した値。

目次

多くの場合は8ビットを単位として16ビットや32ビットの加算用領域(変数レジスター等)にどんどん足し、溢れた上位桁は無視して得られた16ビットや32ビットの数値をチェックサムとする。

データ送信時にデータからチェックサムを求めて添付し、データ受信側も同様にチェックサムを求め、添付されたチェックサムと比較することでデータが正確に届いたかどうかを確認する。

なお、JANクレジットカード番号のように1桁で確認されるものはチェックサムではなくチェックディジットと呼ばれることが多い。

仕組みが単純であるためコンピューターの黎明期などコンピューターの性能が低かった頃でも実用になる速度で計算でき、比較的重要でないデータや、ごく簡単なエラーチェックに多く使われた。

このチェックを利用したものに、XMODEM 128/SUMなどのプロトコルがあった。

但し、ただの足し算なのでデータの順序が入れ代わったりなどの事態には対処できない、データが間違っていてもチェックサムは同じになる可能性が高い、などの問題もある。そのため、足し方を工夫したCRCと呼ばれるものも多く使われている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club