通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 関東地方 > 首都高速 > 東京 > IC・JCT
堀切JCT
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・都市高速道路編 (EWHX)
読み:ほりきり-ジャンクション
外語:Horikiri JCT
品詞:その他地名

東京都葛飾区堀切に作られた、中央環状線(C2)と向島線(6)とのジャンクション小菅JCTより1km少々南にあり、都心への最重要アクセスルートの一つだが、万年渋滞の魔のジャンクションでもある。

目次
JCTの情報
位置情報
接続する道路
沿革
施設の状況

高速中央環状線(C2)中央環状王子線が開通し、高速川口線(S1)や高速5号池袋線(5)方面へ逃げるルートが出来、都心へ向かう向島線(6)の交通分散は多少実現されたが、それでも混雑は相変わらずである。

東京外環自動車道(外環道)が高速7号小松川線(7)や高速湾岸線(B)に接続され、また高速中央環状線(C2)が中央自動車道東名高速道路と接続されれば車の流れの分散が実現されると予想されるが、それまでは重要なジャンクションであり続けるだろう。

施設の特徴
小菅JCT方面(内回り)

内回りは動線が悪く、車線変更が発生し渋滞の原因となっている。


四つ木入口→堀切JCT

四つ木入口→堀切JCTの動線は混雑緩和を目的とし、2004(平成16)年4月12日早朝に区画線変更の対応がされた。

以前は、湾岸線(B)方向から来た高速中央環状線(C2)二車線のうち、左車線は向島線(6)への分岐、右車線が先の本線の左車線となり、先の本線の右車線は四つ木入口からのランプがそのままとなっていた。実質、(C2)直進は一車線に絞られていたわけである。

しかし向島線(6)に行く車より直進車の方が圧倒的に多いため、車線変更で渋滞となっていた。

動線変更後は2車線で本線直進となり、左車線から向島線(6)へ分岐、四つ木入口からのランプは右車線への流入、ということになった。


堀切JCT→小菅JCT

高速中央環状線(C2)に向島線(6)が左から合流し、一番右の車線(つまり(C2)の追い越し車線)が無くなって3車線になる。

小菅JCTから(外回り)

2001(平成13)年3月の改良により、左2車線が(C2)、右2車線が向島線(6)の4車線となっている。

前後の施設
高速中央環状線(C2)

(内)(本木JCT)(仮称) ‐ 千住新橋 ‐ 小菅JCT ‐ 小菅 ‐ 堀切JCT ‐ 四つ木 ‐ 平井大橋 ‐ (小松川JCT)(仮称)(外)

高速6号向島線(6)

(西)江戸橋JCT箱崎JCT両国JCT ‐ 駒形 ‐ 駒形PA ‐ 向島 ‐ 堤通 ‐ 堀切JCT(東)

リンク
接続する道路
高速中央環状線
高速6号向島線
関連する出入口
小菅JCT
江戸橋JCT
箱崎JCT
両国JCT
関連する用語
ジャンクション

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic