通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 番号別分類 > 3桁(101〜299) > 260〜279
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 地方別分類 > 関東地方 > 神奈川
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 関東地方 > 神奈川
小田原厚木道路
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・関東編 (EWHT)
読み:おだわらあつぎどうろ
外語:Odawara Atsugi Do^ro
品詞:固有名詞

神奈川県小田原市の西湘バイパスから、厚木市の東名高速道路を結ぶ自動車専用道路一般有料道路。略称は「小田厚」。

目次
概要
起点・終点
設計諸元
規制等

小田原西IC〜平塚ICは自動車専用道路ではないが、軽車両と125cc以下の二輪車は走行できない、道交法による規制がある。

法定路線名
沿革
通行料金

料金は、料金所の位置の関係から小田原区間(小田原西〜大磯)と厚木区間(大磯〜厚木西)に分けられる。

この料金表に対して、深夜割引、通勤割引、平日昼間割引、平日夜間割引、休日特別割引といった各種の割引が適用される。

区間軽自動車等普通車中型車大型車特大車
全線6007007001,1001,900
 小田原区間小田原西〜大磯300350350550950
(ETC車)250300300450800
小田原西〜小田原東200250250400700
厚木区間大磯〜厚木西300350350550950
(ETC車)250300300450800

なお、料金の徴収期限は現時点では2050(令和32)年8月29日迄となっている。

管理

中日本高速道路株式会社が管理している。かつては日本道路公団(JH)東京第一管理局が管理していた。

状況
雰囲気

休日でも、料金所が多少混雑する程度で道路自体は非常に流れが良い。

トップシーズンでも、事故などが無い限りは5km以上繋がることは滅多にない。

走行時の注意

この道路は、公営ヤクザ・神奈川県警が常に巡回し、毎日カツアゲをしている低速道路である。

常時パトカーが走っているので、速度には厳重な注意が必要である。

特徴
接続する主な道路

また、小田原市内では西湘バイパス経由で次の道路に接続される。

沿道施設、観光地等
PA
主な橋
主なトンネル
主な峠

はない。

並行する鉄道
経由する自治体
神奈川県
小田原市 ‐ 中郡二宮町 ‐ 大磯町 ‐ 平塚市 ‐ 伊勢原市 ‐ (平塚市 ‐ 伊勢原市) ‐ 厚木市
インターチェンジなど

具体的なIC等は次のとおり。なおIC番号は存在しない。

リンク
用語の所属
中日本高速道路株式会社
日本道路公団
自動車専用道路
一般有料道路
関連する用語
西湘バイパス
東名高速道路
小田原箱根道路
箱根新道
足柄幹線

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic