通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
ゲーム > ソフトウェアと関連する語 > ジャンル別 > RPG
タオルケットをもう一度1
辞書:萌色用語の基礎知識 ゲーム・ソフト編 (GSOFT)
読み:タオルケットをもういちど-ワン
外語:taoruketto wo mouitido 1
品詞:商品名

かなしみホッチキス製作による、Windows用の同人ゲームシリーズ「タオルケットをもう一度」三作目。

目次
ゲームの仕様
基本情報
オリジナル版
関連作品
作品の概要
ゲーム内容

ロールプレイングゲームである。

フィールドを移動してストーリーを進めていくウルティマスタイルを用いたフィールド移動型(ウルティマスタイル)のRPGで、「RPGツクール2000」を使用して製作されている。

バージョン

本作には複数のバージョンが存在する。

ストーリー

「2」より未来の世界を舞台とする第三弾。

引越し用トラックの荷台に乗っていた「主人公」。段ボール箱の中で寝ていたら、交通事故の衝撃で段ボール箱ごと川に転落、そのまま謎の島に流されてしまった。以来、曲がり角の呪いにより、ロボットのようにしか歩くことができなくなった。

しかし、この時主人公は知らなかった。自分が、数百万年前からチビロボたちが探していた、4体の実験体のうちの1体だったことを。時が動き出してから数億年の歳月を経た今、再び物語は動き出したのである。

作品の特徴
ゲームシステム

主人公の標準の名前は「もーちゃす」。

同時に行動できるのは四人まで。それ以上は、別行動や別れなどがある。

補足

会話時にキャラの顔画像が出る、攻撃時の効果(エフェクト)など、萌える方向への配慮が伺える。

また、タイトルやゲームオーバー画面に愛らしい絵が出るようになった。タイトル画像とあともう一枚は青髪のコンチェル。ゲームオーバー画像は、ラザニアではなく女子アナの光恵さんであるらしい。これらの絵は、別の人の作(元はファンアート)が採用された。

1は、3、2と違い、比較的簡単にゲームオーバーになるイベントが随所に存在するため、ゲームオーバー画面を何度も見ることになるだろう。

赤い×が伏線として登場する。忘れた頃に伏線が回収される。

アイテムとして「[月刊]牛ちゃん」という雑誌が登場する。1月号から12月号まで12冊登場するが、全部集めても無意味である上、12月号のオチが酷い。

登場人物

主要な登場人物。

もーちゃす
主人公の少年。アイドル牛「牛ちゃん」の大ファンで、「[月刊]牛ちゃん」なる雑誌を定期購読しているらしい。
無口。すぐ凍る。
現世では主要キャラ中、最後まで人間として生き残る少年である。
コンチェル
青い髪に赤いリボンのヒロイン。曲がり角の呪い島に集まった四人のうちの一人。
もーちゃすと同じ学校に通う。もーちゃすのことが好き。
ラザニア=おぃちーず
灰色の髪に黄色いリボンの女の子。曲がり角の呪い島に集まった四人のうちの一人。
もーちゃすと同じ学校に通う。もーちゃすのことが好き。
ぱりぱりうめ
茶髪でポニーテールの女性で、人妻。曲がり角の呪い島に集まった四人のうちの一人。略して「PPU」。
2に登場する同名のキャラとほぼ同じ姿だが、同一人物なのかは不明である。
アームストロングたん
女の子型のロボット。本作の萌えキャラの一人でもある。
もめん
ポン族の男性で、アームストロングたんの開発者。
ちゅん
ひな鳥。世の輪廻と喩えようのない無常観を体感する。
コンチェルロボ
チビロボが作った、コンチェルを擬人化したロボット。四角い。
コンチェル型ロボット No.3と呼ばれている。
けるばぁす
地球のそばにある黄色い惑星に住む生物。あるNo.3の最後を看取った。
ゲーム中にはその名が出てこない。
なお、シナリオファイルによれば惑星の名は「惑星けるばすでぅーさ」で、生物の名は「けるばぁす」とされる。但し章の開始時に表示されるのは「けるぱぁすでぅーさ」である。異星語はとても難しい。
ダウンロード
  1. タオルケットをもう一度 1.1 http://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se474237.html
  2. タオルケットをもう一度 1.02 http://www.freem.ne.jp/game/win/g02167.html
  3. タオルケットをもう一度 (2010-11-23) 1.01
リンク
関連するリンク
【手描きアニメ】タオルケットをもう一度 FlashPV
用語の所属
ゲーム
ロールプレイングゲーム
タオルケットをもう一度

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic