通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
ゲーム > ハードウェア(ゲーム機) > 家庭用ゲーム機 > 任天堂
ニンテンドーDSi
辞書:萌色用語の基礎知識 ゲーム・ハード編 (GHARD)
読み:ニンテンドー-ディーエス-アイ
外語:Nintendo DSi
品詞:商品名

任天堂が2008(平成20)年11月1日に発売された携帯型ゲーム機。定価18,900円。

ニンテンドーDSの姉妹品の一つである。

目次
特徴

ニンテンドーDS Liteを更に薄型化、軽量化し、新たにデジカメや音楽再生機能などを搭載した製品。

薄型化のためにゲームボーイアドバンスのスロットがは廃止されたため、対応ソフトウェア数は大幅に減少した。代わりに「DSi専用ソフト」に対応するとしている。

いわゆるマルチメディア対応が最大の売りと見られるが、CPU性能を考えると、DSシリーズ自体がマルチメディア向きとは考えにくい。

ゲーム用途ならDS Lite、マルチメディア用途なら対抗機のPSPを選ぶのがもっとも無難である。そのいずれでも物足りない、何らかの任天堂らしさを求める層にDSiは向いているだろう。

性能、仕様
主要諸元
CPUメインARM9 (67MHz)
サブARM7TDMI (33MHz)
サウンドステレオスピーカー内蔵
メモリーメインメモリー4Miバイト
共有メモリー32Kiバイト
サブメモリー64Kiバイト
グラフィックメモリー656Kiバイト
グラフィック解像度256×192ドット
入出力カードスロットDSカード差し込み口
SDメモリーカード差し込み口
その他ステレオヘッドホン/マイク接続端子
通信機能IEEE 802.11、任天堂独自方式
カメラ機能30万画素
変更点

装置としての基本仕様はニンテンドーDS Liteに近い。

Liteからの主な変更点、改良点等は、次の通りである。

色違い

現時点で、次のような外装色が用意される予定(日本での発売日順)。

互換性

ニンテンドーDS/ニンテンドーDS Liteに対しては、ソフトウェア面では100%の完全互換性がある。ハードウェア面では、形状が異なるため利用できない周辺機器が存在する。

ゲームボーイアドバンスへの直接の互換性は削除された。この機能が必要であれば、ニンテンドーDS Liteを用いることになる。

内蔵電池

充電式のリチウムイオン電池を内蔵しており、約2.5時間の充電で3〜4時間(最高輝度時)あるいは約9〜14時間(最低輝度時)使用可能。

操作形態

操作形態はニンテンドーDS Liteとほぼ同じ。

十字キー/A/B/L/R/X/Yボタンがあるほか、下画面がタッチパネルとなっており、音声入力のマイクがある。

リンク
関連するリンク
http://www.nintendo.co.jp/ds/
関連する用語
ニンテンドーDS
ニンテンドーDS Lite
ARM9
ARM7TDMI
IEEE 802.11

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic