通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
ゲーム > ソフトウェアと関連する語 > ジャンル別 > RPG
Ultima IV
辞書:萌色用語の基礎知識 ゲーム・ソフト編 (GSOFT)
読み:ウルティマ-フォー
外語:Ultima IV
品詞:商品名

1985(昭和60)年にApple II用として発売されたコンピューターロールプレイングゲームUltimaシリーズの第4作目。副題はQuest of the Avatar(アバタールの冒険)。

目次
あらすじ

モンデイン、ミナクス、エクソダスというソーサリアを揺るがせた邪悪な存在は滅びた。エクソダスが滅びるときに引き起こされた地殻変動はソーサリアに壊滅的被害をもたらした。そこから世界は何とか復興し、ソーサリアと呼ばれていた世界はブリタニアと名を変えることになった。

世界は復興したが、邪悪な存在がなくなった世界はその後閉塞感に包まれることになった。これでは、ブリタニアの世界は邪悪な存在といった存在ではなく、停滞によって滅びることになるだろう。

ロード・ブリティッシュは人々の規範になる物を地球から召還した。彼は3つの原理と8つの徳がこれからのブリタニアの指針となることを示し、その結論としてブリタニアでもっとも深いダンジョンであるグレート・ステイジアン・オブ・アビイスにある究極の知恵の写本コデックスをブリタニアの世界に持ち帰ることに成功した。そして、コデックスを持ち帰った彼(彼女)は聖者アバタールと呼ばれるようになったのである。

特徴

Ultimaにおける啓発の時代シリーズの第1作目。ゲームの最終目的が悪を倒すことではなく、善人になることというこれまでのRPGの最終目標とはまったくかけ離れた内容であることが最大の特徴である。この設定は他のRPGに非常に多くの影響を与えている。

Ultimaシリーズにおける多くの設定、たとえば登場人物、魔法、街の名前、ダンジョンの位置、徳の概念などはこのIVでほぼ固定された。

なお、Ultima IIIまではエルフやドワーフといった種族がいたが、彼らは地殻変動が起きたときに絶滅したものとして扱われている。

基本的な設定
アバタール・コンパニオン

この作品以降、アバタールの冒険を手助けする8つの徳の街の代表者をアバタール・コンパニオンと呼ぶ。

8つの徳の街
3つの原理の街
その他の街
ダンジョン

8つの徳に反する名前を持っている。

日本での扱い

画期的な海外のRPGということもあって移植対象は多かったようである。

移植されたプラットフォーム
リンク
用語の所属
Ultima (シリーズ)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic