通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 銀河 > 超銀河団 > かみのけ座超銀河団
自然科学 > 地学 > 天文学 > 宇宙構造 > 銀河群・銀河団
かみのけ座銀河団
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:かみのけざ-ぎんがだん
外語:Coma Cluster
品詞:固有名詞

かみのけ座方向に存在する銀河団しし座銀河団と共にかみのけ座超銀河団に属する。

目次
情報
基本情報
詳細情報
主なカタログ番号
特徴

この銀河の中心部には2つの巨大な楕円銀河NGC 4874とNGC 4889が存在する。

このうちのNGC 4889に太陽の100億倍の質量を持った超巨大ブラックホールが確認されており、2011(平成23)年12月現在では観測史上最大の質量を持ったブラックホールの一つとなっている。

銀河が密集している傾向にあり、また楕円銀河が多い。中心から半径2Mpc以内の全質量は太陽の約1015倍とする説がある。

所属銀河

主なもの。

リンク
用語の所属
宇宙
銀河団
かみのけ座超銀河団
関連する用語
しし座銀河団
局部銀河群
おとめ座銀河団

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic