通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 星雲 > 星座 > 冬の星座 > オリオン座
オリオン座分子雲複合体
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:オリオンざぶんしうんふくごうたい
外語:Orion Molecular Cloud Complex
品詞:固有名詞

オリオン座方向に見える星間雲で、星形成領域となっている巨大な分子雲。

目次
概要

距離は1500光年前後と、この手の領域としては太陽系に最も近い。

大きく二つの星間分子雲から構成されており、オリオン大星雲(M42)から南東に伸びる「オリオン座A分子雲」と、三つ星近辺からから北に伸びる「オリオン座B分子雲」があるが、他にも様々な分子雲から構成されている。

それぞれの分子雲は、輝線星雲HII領域反射星雲暗黒星雲などを含んでいる。

特徴

次のような星雲で構成されている。

リンク
関連する用語
オリオン座
M42

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic