通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 食品添加物 > 色素・着色料 > カロテノイド色素
カロテノイド
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:カロテノイド
外語:carotenoids
品詞:名詞

リコペンを基本構造とする色素で、黄色を呈する。現在600種類以上が知られている。ポリエンの一種。

炭素と水素からなるものをカロテン、酸素を含むものをキサントフィルと呼ぶ。カロテンにはトマトリコペン、人参のβ-カロテンなど、キサントフィルには赤ピーマンのカプサンチンなどがある。

CASでは、Carotenes and Carotenoids(カロテンとカロチノイド)として番号36-88-4が登録されている。

リンク
物質の特徴
ポリエン
カロテン
該当する物質
リコペン
β-カロテン
カプサンチン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic