通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 単位 > 単位系 > SI > 接頭語 > 大きい方
キロ
辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:キロ
外語:k: kilo
品詞:名詞,単位接頭語

国際単位系SI接頭語の一つ。103の意。1,000倍、千倍。記号は小文字で「k」である。

目次
概要
用途

メガの1/1000つまり0.001倍、ヘクトの10倍である。

古典にみられる単位の「千」に相当する。

長さ、質量、容積など、日常的に広く用いられている。

由来

kiloは、ギリシャ語で1000を意味するχ〓λιοι(khi'lioi)を語源とする。

一覧

SI的に可能性のありそうな単位は次の通り。実際には、その殆どは使用実績が無い。併記した粁、瓩、竏は全て国字であるとされている。

このほか、独自の記号を持たない組立単位、非国際単位系で、次のようなものが使われている。

注意点

大文字で書いた場合には、1024単位のキロ・バイナリや、熱力学温度の単位であるケルビンなどを表わすことになる。

従って、kは必ず小文字で書かねばならない。

リンク
用語の所属
国際単位系
SI接頭語
単位接頭語
関連する単位
メガ
ヘクト
キロ
ケルビン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic