通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 栄養学 > ビタミン > ビタミンB
ビタミンB12
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・ビタミン編 (NSUBNV)
読み:ビタミンビーじゅうに
外語:VB12: Vitamin B12
品詞:名詞

かつてビタミンB群に属した物質の一つ。水溶性であるため、かつては水溶性ビタミン

目次
情報

化学名はシアノコバラミン(cyanocobalamin)という。

特徴
機能

アミノ酸代謝や、蛋白質核酸の生合成に使われる。

コバルトを含んでおり、貧血に効能があるため、「赤いビタミン」とも俗称される。

欠乏症

欠乏すると、悪性貧血、出血性疾患、神経障害、DNA合成異常などを発症する。

吸収にはから分泌される内因子が必要であるため、胃切除などの手術の数年後にビタミンB12不足に陥ることが多い。

含有する食品

レバー、はまぐり、牡蛎、浅蜊、牛肉豚肉などに含有する。

リンク
用語の所属
ビタミン
ビタミンB群
12
関連する用語
葉酸
蛋白質

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic