通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 栄養学 > ビタミン > ビタミンB
葉酸
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・ビタミン編 (NSUBNV)
読み:ようさん
外語:folic acid
品詞:名詞

水溶性ビタミンの一つで、ビタミンB群に属する。ホラシン/ホオラシン。

かつてはビタミンMまたはビタミンBc、ビタミンB9とも呼ばれていた。

目次
物質の情報

葉酸
葉酸

物質の性質
機能・欠乏症

赤血球核酸の合成や細胞分裂、蛋白質代謝に不可欠。ビタミンB12と共に「増血のビタミン」と呼ばれる。

欠乏すると、大球性貧血(血球が巨大化する貧血)、出血性疾患、腸炎、発育不全などを発症する。

妊婦であれば、サプリメントでも良いので積極的に摂るべきとされ、葉酸を摂ることで二分脊椎症などの畸形児の産まれる可能性が劇的に減るとされる。一日0.4mg程度を摂るべきだとされている。

毒性、過剰症

摂取過多は有害で、許容上限摂取量は成人男子で1mg。

含有する食品等

レバー、黄卵、牛乳、豆などに含有する。

リンク
物質の特徴
ビタミンB群
関連する物質
ビタミンB12
蛋白質

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic