通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > 炭化水素 > 鎖式炭化水素 > アルカン
メタンハイドレート
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:メタンハイドレート
外語:MH: Methane Hydrate
品詞:名詞

メタンから成る氷状の固体物質。

目次
概要

水分子により形成されるクラスター中にメタン分子が閉じ込められた構造を持つ。「燃える氷」などと形容される。

メタンハイドレートから得られるメタンガスは燃やして使う通常の燃料としてのみならず、燃料電池などにも利用可能で、延いては石油石炭などに代わる新燃料として期待されている。

特徴

メタンハイドレートは、永久凍土層中や、深海地層中に存在することが確認されている。

また近年の研究により、日本国の近海にもメタンハイドレートが存在する事がわかってきた。現在は四国近辺の南海トラフや、北海道の近海で確認されている。

日本では経済産業省が2001(平成13)年度から開発を始め、2012(平成24)年2月に愛知県沖の東部南海トラフ海域の深海底から試掘を始めるとしている。

このように現在は実験採掘の段階で、まだ技術的に採算が取れる状況にはなっていない。商業目的の本格的な採掘には今後数十年は掛かると見られているが、石油などの資源に乏しい我が日本国にとっては、石油依存からの脱却を計る切っ掛けになるものと期待されている。

リンク
用語の所属
MH
関連する用語
メタン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic