通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > 炭化水素
石炭
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・火薬編 (NSUBNG)
読み:せきたん
外語:coal
品詞:名詞

天然に産する、炭化水素類を主成分とする個体の混合物の総称。

目次
概要

太古の昔にあった植物が地球に埋まり、これが地中において地熱圧力を受け変質することで石炭となる。

石油天然ガスと共に重要な燃料として古くから使われており、「黒ダイヤ」などの異名を持つ。

蒸気機関車などのように、石炭を燃料とする機関の発明により産業革命がもたらされた。

特徴
輸入先

2011(平成23)年実績で、石炭は国内生産が0.5%、輸入99.5%であり、ほぼ全量を輸入に頼っている。

2011(平成23)年に輸入された石炭は17,524万トンであり、輸入先は次の通りである。

  1. オーストラリア連邦 59.8%
  2. インドネシア共和国 20.2%
  3. ロシア連邦 6.5%
  4. カナダ 5.5%
  5. アメリカ合衆国 3.6
  6. (その他) 4.4%
利点
欠点
火力発電

火力発電で使われることがあり、石炭火力発電と呼ばれる。

石炭火力発電における問題の多くが、排気ガスと、残った灰の放射能に関することである。

リンク
関連する用語
原油
石炭紀
火力発電
石炭火力発電

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic