通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 成分・薬効分類 > 中枢神経用剤(11) > 精神神経用剤(117)
三環系抗鬱薬
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:さんかんけい-こううつざい
外語:TCA: tricyclic antidepressants
品詞:名詞

セロトニンノルアドレナリン双方に影響を与えるタイプの抗鬱薬。第一世代から第二世代の抗鬱薬。分子構造中に3個の環構造があることから、この名がある。

脳内の神経伝達物質セロトニン・ノルアドレナリンを増やすことで神経の働きを活発にする。このうち、セロトニン増加は不安感を和らげ気分を楽にし、ノルアドレナリン増加は意欲を高める働きがあるとされる。

一般に遅効性であり、かつ便秘や口が渇く抗コリン作用、眠気のほか、心臓への悪影響などの副作用が出やすいという難点がある。

三環系抗鬱薬の例 [塩酸アミトリプチリン]
三環系抗鬱薬の例 [塩酸アミトリプチリン]

第一世代の代表に、塩酸イミプラミン(トフラニール(日本チバガイギー))、塩酸アミトリプチリン(トリプタノール(万有製薬)・ラントロン(アステラス製薬(元・山之内製薬)など)、塩酸クロミプラミン(アナフラニール(ノバルティスファーマ))、マレイン酸トリミプラミン(スルモンチール(塩野義製薬))、デシプラミン(パートフラン(日本チバガイギー))、塩酸ノルトリプチリン(ノリトレン(大日本製薬))、がある。

第二世代の代表に、アモキサピン(アモキサン(ワイス))、塩酸ロフェプラミン(アンプリット(第一製薬))、塩酸ドスレピン(プロチアデン(科研製薬))、がある。

リンク
物質の特徴
抗鬱薬
適用
鬱病
該当する物質
塩酸イミプラミン
塩酸アミトリプチリン
関連する用語
四環系抗鬱薬
抗コリン作用
セロトニン
ノルアドレナリン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic