通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 動物界(後生動物) > 真正後生動物亜界 > 左右相称動物 > 新口動物上門 > 脊索動物門
哺乳綱
辞書:科学用語の基礎知識 生物名・動物編 (BBNA)
読み:ほにゅうこう
外語:Mammalia
品詞:名詞

哺乳類とも呼ばれる動物の一群。一般に胎生で、子に授乳して育てるのが特徴となる。

目次
情報
分類

動物の階層は、現在は研究段階である。▼は未整理の階層。

可能な限り細かく分類して記載した。

上綱と綱の間に見られる目の名の付いた階層は、歴史的な名称であり、ここにおいては実際の階層は目ではない(目は綱の下の階層)。

現在はまだ研究、整理中の段階であり、将来的に名称も整理されるものと思われる。

下位分類

は絶滅を表わす。

特徴

現在でこそ、人類含め繁栄に成功した哺乳綱であるが、その誕生は古い。しかし誕生当時は、繁栄していた両生類爬虫類などの生物に押されていた。

原始哺乳類は、中生代の最初三畳紀に爬虫類から分かれた「爬虫類型哺乳類」が由来である。爬虫類型哺乳類はまだ爬虫類で卵生であるが、次のジュラ紀に小型の哺乳類が現われ始めた。

しかし中生代の頃は、恐竜に代表される大型爬虫類が繁栄しており、まだ小型だった哺乳類は細々と生活をしていた。

中生代末に大型爬虫類が滅び、次の新生代は代わって哺乳類が栄えた。マンモスなどの大型哺乳類が栄え、同じ頃に類人猿から人間進化した。

リンク
用語の所属
動物界
関連する用語
哺乳類

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic