通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 成分・薬効分類 > 泌尿生殖器官用剤及び肛門用薬(25) > その他(259)
塩酸オキシブチニン
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:えんさん-オキシブチニン
外語:oxybutynin hydrochloride
品詞:名詞

頻尿尿失禁治療剤。抗コリン薬。膀胱の収縮を抑えることで膀胱容量を増やし、様々な原因で生じる頻尿や尿失禁の対処療法に用いられる。

目次
物質の情報

分子式C22H31NO3・HCl、分子量393.95。融点125℃〜130℃。CAS番号1508-65-2、5633-20-5(フリーベース)。化学名4-diethylamino-2-butynyl(±)-α-cyclohexyl-α-phenylglycollate hydrochloride。常温常圧乾燥下では白色ないし灰白色の結晶性の粉末。

塩酸オキシブチニン
塩酸オキシブチニン

薬効薬理

塩化カルシウム、塩化バリウム、塩化カリウム、あるいはアセチルコリンATPによる神経刺激や膀胱筋肉収縮を抑制し、膀胱容量を増加させる。

製品例

製品例にポラキス(アベンティスファーマ)がある。

副作用など

口渇、排尿困難、便秘、胃部不快感など。また稀に、血小板減少や麻痺性イレウス等が現われることがある。

リンク
物質の特徴
抗コリン作用
適用
神経性頻尿
頻尿
尿失禁
成分に含む著名な製品
ポラキス
関連する用語
膀胱

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic