通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 視覚芸術・ビジュアルアート > 絵画 >
藍色
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官用語編 (BBORGY)
読み:あいいろ
外語:indigo
品詞:名詞

の一つ。日本の伝統的なの七色ではに次ぐ六番目の色である。西洋では虹の色としては認識されておらず、藍色を抜いて虹の六色とする。

目次
概要

藍とは植物の名だが、固有名詞ではなく、様々な植物を含む総称的な名である。

世界各国で染料として使われ、英語ではindigoという。古くは栽培もされていたが、現在では染料が化学合成されるようになり、天然の藍色染料が使われることは極めて稀となった。

特徴
周辺の波長

青よりも波長が長く(周波数が小さく)なると、色は、虹の七色においてはへと変わっていく。

青よりも波長が短く(周波数が大きく)なると、色は、虹の七色においてはへと変わっていく。

関連する色

藍色に関連する色(順不同)。

リンク
用語の所属

RGB
関連する用語



[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic