通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 法令指定物質 > 毒物及び劇物取締法 > 劇物
自然科学 > 化学 > 法令指定物質 > 危険物の規制に関する政令 > 第四類 引火性液体
自然科学 > 化学 > 有機物 > > 官能基・骨格 > 脂質 > カルボキシル基(脂肪) > カルボン酸
蟻酸
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・脂肪酸編 (NSUBNAF)
読み:ぎさん
外語:formic acid
品詞:名詞

有機酸(カルボン酸)の一つで、炭素数1の飽和脂肪酸。飽和脂肪族モノカルボン酸。メタン酸とも。

なお、「蟻」の字が常用漢字から漏れたため、現在は「ギ酸」と書くのが正しいとされているらしい。

目次
物質の情報

蟻酸
蟻酸

常温常圧では、無色で刺激臭がある発煙性液体。

物質の特徴

強酸性で、飽和脂肪酸の中では最も酸性が強い。そして同時に還元性も持つ。

風味等

味は苦い。

安全性

法規制など

危険性

有害性

皮膚にかけると水ぶくれになる。取り扱いには要注意。


環境影響
物質の性質

蟻酸はカルボン酸でありながら、還元性を示す特殊な性質がある。それは分子構造に特徴があるためである。

カルボン酸なので当然カルボキシル基(‐COOH)を持つが、それと同時に、ホルミル基/アルデヒド基(‐CHO)も持っているのである。

このために、蟻酸はアルデヒドのように還元性を示す。

リンク
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
用語の所属
カルボン酸
脂肪酸
飽和脂肪酸
劇物
カルボキシル基
アルデヒド基

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic