通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 現象
陽子‐陽子連鎖反応
辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:ようし-ようし-れんさはんのう
外語:proton〓proton chain reaction
品詞:名詞

恒星にて行なわれている核融合反応の一つ。「pp反応」とも。

目次
概要

水素ヘリウムに変換する核融合反応の一種。

CNOサイクルとともに、恒星内における主要な核融合反応である。

特徴
ヘリウム3生成過程

反応の最初の段階として、二つの陽子(水素)から重水素を作る。

最後の0.422MeVは、この時、ニュートリノが持ち去る最大のエネルギーを表わす(以下同様)。

この時生ずる陽電子はすぐに電子と対消滅するが、これは反応に直接影響しない。

次にヘリウム3を作る。

ヘリウム4生成過程

ヘリウム3からヘリウム4に至るには、3種類以上の経路が知られている。pp Iが約9割、pp IIが約1割で、pp III以降がごくまれに発生する。


pp I 分岐

温度が1,000万度を超え、1,400万度程度までの環境では、主としてこの分岐である。


pp II 分岐

温度が1,400万度を超え、2,300万度程度までの環境では、主としてこの分岐である。

宇宙で、LiとBeの存在比率が小さいのは、この経路を通るケースが全体からみて少ないためである。


pp III 分岐

温度が2,300万度を超える環境では、主としてこの分岐である。

太陽の場合、中心核温度が高くないためこの分岐はあまり起こらない。しかし、硼素8がβ崩壊しベリリウム8になるときに発生するニュートリノのエネルギーが最大14.06MeVと大きいため、太陽ニュートリノ観測においては重要である。


pp IV (Hep)

ごく稀に、ヘリウム3陽子が直接融合してヘリウム4を生成することがある。

ヘリウム(He)と陽子(p)の反応なのでHepというが、この反応は滅多に起こらない。しかし、発生するニュートリノのエネルギーが最大18.8MeVと非常に大きい。

生成エネルギー

この反応は、単純化すれば陽子4個からヘリウム4原子核1個を作る反応である。

両者を比較すると、ヘリウム4は、元々の陽子4個より質量が0.7%程度小さい。この質量分はエネルギーとして放出されており、エネルギーは、反応に応じてニュートリノとγ線で放出されている。

ニュートリノは他と反応しないため失われる一方であるが、γ線は陽子や電子などの物質に作用して加熱する働きをする。こうして太陽含め恒星は加熱し、この熱エネルギーによって恒星内の物質は運動エネルギーを獲得し、もって自己重力によって潰れたりすることなく、その形状を保ちつづけることができる。

リンク
用語の所属
核融合
関連する用語
CNOサイクル
トリプルアルファ反応
炭素燃焼過程
ネオン燃焼過程
酸素燃焼過程
珪素燃焼過程
s過程

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic