通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 毒物 > 黴毒
黴毒
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:かびどく
外語:mycotoxin
品詞:名詞

のうち糸状菌類、いわゆるが作る二次的代謝物であり、人畜に対し有毒であるものをいう。

英名mycotoxin(マイコトキシン)は、菌に関する語を表わすmyco-を接頭辞に、毒を意味するtoxinを繋げて作られた造語である。

種類

現在、黴毒は100種類ほどが知られる。生産菌で分類すると、大きく三群とその他に分けられる。

次に、群ごとに代表的なマイコトキシンと、その代表的な生産菌の名を()併記で紹介する。原則50音順。

  1. ペニシリウム属(Penicillium、青カビ類)
    • PRトキシン (P. roqueforti)
    • エリスロスカイリン (P. islandicum)
    • クロールペプチド (P. islandicum)
    • サイクロピアゾニック酸 (P. cyclopium)
    • チトリニン (P. citrium)
    • チトレオビリジン (P. citreo-virde)
    • パツリン (P. patulum)
    • ペニシリン酸 (P. cyclopium)
    • ペニトレムA (P. palitans)
    • ベルクロジェン (P. verruculosum)
    • ルグラトキシンB (P. ruburum)
    • ルグロシン (P. rugulosum)
    • ルチオスカイリン (P. islandicum)
  2. アスペルギルス属(Aspergillus、コウジカビ類)
  3. フザリウム属(Fusarium)
    • ゼアラレノン (F. graminearum、F. culmorum、F. tricinctum)
    • フザリック酸 (F. Moniliforme、F. miniliforme)
    • ブテノライド (F. sporotrichioides)
    • フモニシン (F. moniliforme、F. proliferatum)
      • フモニシンA1
      • フモニシンA2
      • フモニシンB1
      • フモニシンB2
      • フモニシンB3
      • フモニシンB4
    • トリコテセン系
      • 3-アセチル-デオキシニバレノール
      • 15-アセチル-デオキシニバレノール
      • HT-2トキシン
      • T-2トキシン (F. tricinctum)
      • ニバレノール (F. nivale)
      • ディアセトキシスシルペノール
      • デオキシニバレノール
      • ネオソラニオール
      • フザレノン-X (F. nivale)
  4. その他
    • サイトカラシン
      • ケトグロボシンA (Chactomium globosum)
      • サイトカラシンB (Metarrhizium anisopliae)
    • スポリデスミン (Pitomyces chartarum)
    • ロリジンA (Myrothecium roridum、クワ暗斑病菌)
リンク
該当する物質
アフラトキシン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic