通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 毒物 > 黴毒
アフラトキシン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・毒物編 (NSUBNP)
読み:アフラトキシン
外語:aflatoxins
品詞:名詞

黴毒の一つで、特に代表的なもの。

ピーナッツに生える黴Aspergillus flavusが産生することから、アフラトキシンと命名された。

種類

アフラトキシン類には大きく4骨格あり、それぞれの末端が水素(H)か水酸基(OH)かで2種類、総計で8種類が知られている。

BとGは、紫外線を当てたときにそれぞれだったため、この名が付けられた。MはアフラトキシンB1やB2を食べた家畜の乳中に存在する(milkのM)。

この中では、B1が最も毒性が強い。日本においてはこのB1に対し、食品衛生法により「食品中から検出されてはならない」とされている。

リンク
用語の所属

黴毒

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic