通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 日本 > NASDA系 > H-IIA
H-IIA212
辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:エイチトゥーエイ-にーいちに
外語:H-IIA212
品詞:名詞

H-IIAロケット増強型のファミリー仕様(機体識別名称)の一つ。

現状では案でしかなく、現物は存在しない。

目次
仕様

212は、次の仕様を意味する。

打ち上げ時総重量は410トン。

第一段のLE-7Aと同様の姿をしたLRBが付けられるため、巨大なロケット2本を束にして打ち上げるような姿になる。形状が対称ではなくなることが打ち上げに際しての技術課題として存在する。

性能

静止トランスファ軌道投入能力は7.5トン、低軌道投入能力は17トン。

該当するロケット

肝心のLRBの開発が予算不足で中止となったためH-IIA212も事実上実現不可能となった。

その代わりとして従来4mだったH-IIAの径を5mとした拡張型(当初通称H-IIA+、その後H-IIBロケットと命名)が作られることとなった。

リンク
関連する技術
H-IIAロケット
構成する部品
LRB
SRB-A
関連する用語
静止トランスファ軌道
H-IIA222

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic