通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 日本 > NASDA系 > ロケットエンジン
LE-7A
辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:エルイーセヴン-エイ
外語:LE-7A
品詞:固有名詞

H-IIAロケットの第一段ロケット。

目次
概要

液体燃料ロケットで、H-IIAロケットのメインエンジンであり心臓である。

H-IIロケットで使われた液体燃料ロケットLE-7の改良型として作られた。

初期のものと、後期の長ノズル形の二種類が存在する。

初発射は2001(平成13)年8月29日の試験機1号機(H-IIA・F1)で、無事に成功した。

仕様
特徴

このエンジンは、それ以前に開発されたLE-7の技術を生かして開発された。

LE-7と同様、スペースシャトル・メインエンジン(SSME)と同様の二段燃焼サイクルを採用し、燃料の効率を上げるという高度な技術が使われている。LE-7Aの液体水素ターボポンプの回転数は42,000rpmとされる。

LE-7は純国産だったが、価格が問題となり、LE-7Aではタンクのドーム部分にドイツ製部品を使用している。

LE-7Aは、LE-7と比べて信頼性向上と引き換えに性能がやや下がっているが、最高より「やや引いたあたり」がバランスが良いと判断された結果だろうと思われる。

これを著している現時点では、H-IIAロケット15号機まで打ち上げられているが、LE-7Aとしては全てで成功している。

リンク
関連するリンク
エンジン燃焼試験
用語の所属
H-IIAロケット
液体燃料ロケット
液水液酸エンジン
7A
関連する用語
LE-7
H-IIロケット

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic