通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 日本 > NASDA系 > ロケットエンジン
LE-7
辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:エルイーセヴン
外語:LE-7
品詞:固有名詞

H-IIロケットの第一段ロケット。

目次
概要

純国産の液体燃料ロケットで、H-IIロケットのメインエンジンであり心臓である。

全長は3.2m、重量は1.7トン。

仕様

2トン級の静止衛星打ち上げ能力を産み出す。

このパワーは約2荳5千馬力で、ジャンボジェット機のエンジン4基分の推進力に相当する。

特徴
性能

このエンジンは、それ以前に開発された第二段用のLE-5の技術を生かして開発された。

更に、スペースシャトル・メインエンジン(SSME)と同様の二段燃焼サイクルを採用し、燃料の効率を上げるという高度な技術が使われている。この技術は、他にエネルギアのエンジンでしか採用されていないほどに高度な技術である。

LE-7の液体水素ターボポンプの回転数は42,000rpmとされる。

H-IIロケットでは更にSRBを併用し、海面上で合わせて約316トンの推力を発生させた。

世代交代

静止気象衛星5号(GMS-5)ひまわり5号や、技術試験衛星VII型「きく7号」(ETS-VII)「おりひめ・ひこぼし」などの打ち上げに貢献した。

しかし、後期型ではメインエンジンのプロペラ部分に問題が発生してしまった。

改良を施した後継エンジンは、LE-7Aである。

リンク
用語の所属
H-IIロケット
液体燃料ロケット
液水液酸エンジン
関連する用語
LE-7A
二段燃焼サイクル

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic