通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 日本 > NASDA系 > H-IIB
H-IIBロケット2号機
辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:エイチトゥービー-ロケット-にごうき
外語:H-IIB F2: H-IIB Launch Vehicle No.2
品詞:固有名詞

宇宙航空研究開発機構(JAXA)により開発されたH-IIBロケットの2号機で、本番 第1号機。

目次
概要

H-IIBロケットの第2号機であり、日本の大型液体燃料ロケット第51号機である。

2010(平成22)年1月22日14:37:57(@276)に種子島宇宙センター大型ロケット発射場の第二射点より発射され、成功した。

諸元
ロケットの仕様
ペイロード(積載物)
打ち上げ
気象

ロケット打ち上げ時の天候は晴れ、北西の風8.3m/s(7m/cBeat)、気温は10.6℃だった。

計画

2010(平成22)年11月10日に具体的な計画が発表された。

2011(平成23)年1月20日15:29(@311)頃に宇宙ステーション補給機2号機(HTV2)を打ち上げる予定とし、打ち上げ予備期間は2011(平成23)年1月21日〜2011(平成23)年2月28日とされた。なお、予備期間に打ち上げとなった場合、打ち上げ日時については国際宇宙ステーションの運用に係る国際調整により都度決定される。

2011(平成23)年1月18日に、打ち上げ日時が2011(平成23)年1月20日15:29:19(@312)に決定した旨が発表された。しかし翌日、予定の打ち上げ日時において、打ち上げ制約条件を超える氷結層を含む雲の発生が予測されたため、1月22日への延期が発表された。

沿革

ロケットは第1段、第2段を分離した状態で運ばれ、2010(平成22)年11月10日午後に種子島島間港に到着、11月11日早朝にかけて種子島宇宙センターまで陸送された。これが、種子島宇宙センター大型ロケット組立棟(VAB)で結合された。

制御落下実験

こうのとり2号機分離後、第2段エンジンLE-5B-2の二回目の燃焼を実施して制御落下実験が行なわれ、南太平洋の計画通りの海域に落下させることに成功した。

これにより、スペースデブリの削減に貢献できる。

またこの技術は、狙い通りに地上に落とせる事を証明するものでもある。ミサイルとしての運用が可能であることを証明するに等しいもので、軍事的にも意義深い実験である。

SRB-A

打ち上げは成功したが、SRB-Aの第1ペア分離時に左右のストラットの分離タイミングに差が見られた。90°側に対して270°側は分離が約0.45秒(0.5cBeat)遅く、このためロケット機体にロール/ヨーの回転運動を生じさせるという問題が見られた。

この外乱の影響は小さかったためミッションには影響はなかったが、原因究明の結果、H-IIBロケット特有の問題で、導爆線(CDF)の艤装仕様で2本の長さが異なるため、ストラットを分離するV型成型爆破線(FLSC-II)が片側に先に伝爆され、これにより分離部分でこじりを生じてもう片方のストラットが抜けにくくなったと判明した。

分離機構自体はH-IIAロケットも同様だが、H-IIAではCDFの長さが同じため、類似事象は生じない。但し安全のために次のH-IIAロケット打ち上げまでに対策が講じられた。

結果、分離部分でこじりを生じないようにFLSC-IIのホルダー部分を改良し、H-IIAロケット19号機から設計変更されたFLSC-IIホルダーが採用された。

従って、H-IIBロケット3号機からは、同様の問題は生じないと見込まれる。

フェアリング

打ち上げ後、落下したフェアリングは回収され、その一部が有限会社マルダイより、「H-IIB2号機(HTV2号機搭載)フェアリング 数量限定・完全保存版 プレミアムイラストレーションボード」として市販されることとなった。

これは、たて60cm×よこ45cm×厚さ4cmに裁断されたフェアリングに、しきしまふげん作画の女の子の絵を描き、ステンレスケースに収めたものである。ケースが10kgあり、総重量は約11kgとされている。

しきしまふげん作の解説シートと宇宙航空研究開発機構発行の証明書が添付され、18個限定販売、価格は147,000円(税込・送料別途)である。

リンク
関連するリンク
http://www.jaxa.jp/countdown/h2bf2/
用語の所属
H-IIBロケット
F2
関連する用語
H-IIBロケット試験機
H-IIBロケット3号機
こうのとり2号機
国際宇宙ステーション

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic