通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 設計 > ソケット > インテル
LGA1366
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置用語x86編 (IYCP86)
読み:エルジーエイ-いちさんろくろく
外語:LGA1366
品詞:固有名詞

IntelCPUソケットの一つで、1366ピンLGAパッケージのソケットの通称。Socket Bとも呼ばれた。

目次
概要

Nehalemの上位製品(Core i7)で採用されたソケット。

Core i7の900番台で使われている。

2011(平成23)年第3四半期まで現役で、Sandy Bridge-EコアでLGA2011に移行するまでデスクトップ向け上位モデル用として使われていた。

特徴
技術

同時期に使われていたLGA1156がDMIだったのに対し、LGA1366はQPIを採用した。

LGA1366対応CPUは、CPU内にメモリーコントローラーを持っている。

QPIはノースブリッジ(IOH)との通信に使われる。ノースブリッジからサウスブリッジ(ICH)間はDMIで接続されている。

ローエンド向けのLGA1156対応CPUはいわゆるノースブリッジ内蔵だったが、LGA1366は上位モデル用なので、別途、より高性能なノースブリッジを利用できた。

対応CPU
対応チップセット
リンク
用語の所属
LGA
関連する用語
LGA1156
LGA2011

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic