通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 設計 > ソケット > インテル
LGA1156
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置用語x86編 (IYCP86)
読み:エルジーエイ-いちいちごーろく
外語:LGA1156
品詞:固有名詞

IntelCPUソケットの一つで、1156ピンLGAパッケージのソケットの通称。Socket HまたはSocket H1とも呼ばれた。

目次
概要

Nehalemの下位製品(Core i5)で採用されたソケット。Core i7でも800番台で使われている。

LGA1156とはなんだったのかと言われるほど短命で、あっという間に消滅した。

最後の対応CPUは、WestmereコアのPentium G6960と思われる。

特徴
技術

同時期に使われていたLGA1366QPIだったのに対し、LGA1156はDMIを採用していた。

また、CPU内にノースブリッジ相当を内蔵していたため、LGA1156搭載マザーボードには、いわゆるノースブリッジが存在しない。

CPU内部では、CPUコアとノースブリッジ相当との通信にはQPIを使っており、ノースブリッジ相当からサウスブリッジ(ICH)との通信にはDMIを使う。このため、QPIを外に出す必要がなく、DMIが外に出ているのである。

このように特殊な仕様であったため、短命であった。

対応CPU
対応チップセット
リンク
用語の所属
LGA
関連する用語
LGA1366
LGA1155

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic