通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > > 官能基・骨格 > エステル結合
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 樹脂 > プラスチック
PET
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:ペット
外語:PET: polyethylene terephthalate
品詞:名詞

ポリエステル系の高分子化合物であり、熱可塑性のプラスチックの一つ。合成繊維としても使われている。正式名称はポリエチレンテレフタラート(ポリエチレンテレフタレート)。

目次
概要
基本情報

PET
PET

誘導体、関連物質の例
特徴
名称

正式名称はポリエチレンテレフタラート(ポリエチレンテレフタレート)。

略称は、PETEともいうが、日本ではPETの方が主流である。

各国で様々な商標があるが、どれも知名度が低い。

用途

PET樹脂は、飲料水などのボトル用材料、いわゆるPETボトルとしてよく使われている。

PET繊維はこのPET樹脂を繊維化したもので、強度があり、耐熱性にも優れている。安価なこともあり、合成繊維としては現在最も普及している。

リサイクルマーク

リサイクルマークは「〓」で、〓(△に似た記号)の中に1が入り、〓の下にはPETまたはPETEと書かれる。

これは識別表示マークと呼ばれ、資源の有効な利用の促進に関する法律(通称は資源有効利用促進法、リサイクル法など)により、1991(平成3)年10月から表示が義務付けられている。

リンク
用語の所属
ポリエステル

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic