通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > > 官能基・骨格 > エステル結合
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 樹脂 > プラスチック
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 繊維
ポリエステル
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:ポリエステル
外語:polyester
品詞:名詞

多価カルボン酸と多価アルコールが、エステル結合重合し作られた高分子化合物の総称であり、熱可塑性のプラスチックの一つ。合成繊維としても使われている。

目次
種類

使われる多価カルボン酸と、使われる多価アルコールにより、ポリエステルには様々な種類がある。

使われる多価カルボン酸は、次のようなものがある。

使われる多価アルコールは、次のようなものがある。

次のような物質が生産され使われている。

性質

他の有名な合成繊維にナイロンがあるが、性質は大きく違う。

ナイロンは脂肪族がアミド結合により直鎖状に連なった構造をしているのに対し、ポリエステルは固いベンゼン環が連なった構造をしている。そのためポリエステルはナイロンよりも固く、また伸びにくい。布にした場合、ナイロンは柔らかな生地になるが、ポリエステルは張りのある生地になる。

張りがあっても、強度は柔らかなナイロンの方が強い。それでも、よく使われる合成繊維としては、ナイロンに次ぐ強度を持っている。

特徴
ポリエチレンテレフタラート

ポリエステル製品としては最も多く生産され使用されているもの。英名はpolyethylene terephthalate、略号はPET。

強度があり、耐熱性にも優れ、染色性もよく、その上に安価であることから、樹脂や繊維として広く普及している。日常では飲料水のボトル、いわゆるペットボトルが有名である。

ポリトリメチレンテレフタラート

英名はPolytrimethylene terephthalate、略号はPTT。

代表的なものに、旭化成せんい(株)と帝人ファイバー(株)の合弁企業であるソロテックス(株)の「ソロテックス」などがあり、この繊維ではアルコールに1,3-プロパンジオールを使用している。

ポリブチレンテレフタラート

英名はPolybutylene terephthalate、略号はPBT。アルコールには1,4-ブタンジオールが使われる。

ガラス繊維で強化したものが一般的で、耐熱性や耐薬品性、電気特性などに優れ、難燃性も持たせやすい。このため電気、電子、自動車分野などを中心に利用されている。

主な用途

ポリエステルフィルム、合繊(ポリエステル繊維)などとしても広く使われている。

リンク
用語の所属
プラスチック
合成繊維
エステル
関連する用語
PET
ナイロン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic