通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > SuperH
SH-4
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:エスエイチフォー
外語:SH-4
品詞:商品名

かつて日立製作所半導体部門(現ルネサス)の開発した組み込み用32ビットRISCマイクロプロセッサーコアの名で、SuperHシリーズの一つ。

目次
概要

マイクロプロセッサーコアの処理性能は200MHz動作で360MIPS(Dhrystone)、1.4GFLOPSである。

なお、SH-4というのはあくまでもマイクロプロセッサーコアの名であり、SH-4という製品はない。様々な周辺回路を実装しパッケージ化したものが実際の製品である。名称は二通りあり、SH7xxxというのがグループ名で、この中で仕様に応じてHD64x7xxxという型名が付けられ、製品として販売されている。

現在入手可能なものに、次のようなものがある。

Microsoft Windows CEでもサポートされており、ペルソナ600やSEGAのゲーム専用機ドリームキャスト等で採用されている。

関連するシリーズは次のとおり。

特徴
仕様
基本的なアーキテクチャー

SH-4は、SH-1と同様に32ビットの汎用レジスターが16本あり、16ビット固定長の命令セットを使うことでコード効率を高めている。

アーキテクチャーは2ウエイのスーパースケーラーで、浮動小数点演算器(FPU)とメモリー管理ユニット(MMU)が標準装備されている。

FPUが標準装備となったため、SH-3に対し浮動小数点命令23種を加え、91種の命令を搭載している。

128ビットグラフィックスエンジンが内蔵されており、3次元グラフィックスで多用されるマトリックス演算機能が搭載されたことで、4×4行列を使ったマトリックス演算が7プロセッサーサイクルで処理可能となる。

リンク
関連するリンク
http://www.renesas.com/jpn/products/mpumcu/32bit/sh/
関連する用語
SuperH
SH-1
SH-2
SH-3
Microsoft Windows CE 2.11
RISC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic