通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > SuperH
SH-2
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:エスエイチトゥー
外語:SH-2
品詞:商品名

かつて日立製作所半導体部門(現ルネサス)の開発した組み込み用32ビットRISCマイクロプロセッサーコアの名で、SuperHシリーズの一つ。愛称は「すーぱーえっち2」である。

目次
概要

SH-2 SH7014
SH-2 SH7014

マイクロプロセッサーコアの処理性能は、クロック1MHzあたり1.3MIPSである。20MHz動作で26MIPS、28.7MHz動作で37MIPS、50MHz動作で65MIPS、80MHz動作で104MIPS、100MHz動作で130MIPSの処理速度を持つ。

なお、SH-2というのはあくまでもマイクロプロセッサーコアの名であり、SH-2という製品はない。様々な周辺回路を実装しパッケージ化したものが実際の製品である。名称は二通りあり、SH7xxxというのがグループ名で、この中で仕様に応じてHD64x7xxxという型名が付けられ、製品として販売されている。

現在入手可能なものに、次のようなものがある。

セガサターンでは、初期型でSH7604相当のHD6417095ニ個が、後期型で2チップが統合されたHD6417098が、CPUとして使われた実績がある。

関連するシリーズは次のとおり。

特徴
仕様
基本的なアーキテクチャー

SH-2は、SH-1と同様に32ビットの汎用レジスターが16本あり、16ビット固定長の命令セットを使うことでコード効率を高めている。

アドレスバスは32ビットであるため、理論上は最大で4Giバイトまでのメモリー空間が利用できるが、実際にメモリーを接続できる空間はより狭い。

命令は62種類で、SH-1に6個の新命令が追加された。うち基本命令は1命令/1ステート(20MHz動作時は50ns/命令)で処理される。

乗算器も32ビットとなり、32ビット×32ビット+64ビット→64ビットの積和演算に対応した。

リンク
用語の所属
SuperH
RISC
関連する用語
SH-1
SH-2A
SH-3
SH-4
積和演算

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic