通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 恒星 > 変光星 > 超新星
SN 1999bw
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:エスエン-いちきゅうきゅうきゅう-ビーダブリュー
外語:SN 1999bw
品詞:固有名詞

おおぐま座の棒渦巻銀河NGC 3198の腕に出現したIIn型超新星

目次
情報
基本情報
物理的情報
元の恒星
特徴

1999(平成11)年4月中旬にLick天文台の超新星捜索チームが発見した。

発見当初は、超新星としてはあまりにも暗いため、なかなか超新星と認められず符号が付かなかった。スペクトル観測の結果、この天体は爆発、膨張していることが分かり、1999bwという符号が付けられた。

暗すぎると考えられたのは、母銀河NGC 3198までの距離が10Mpc程度であり、この程度の距離なら一般的には、極大時でIIa型で11等、IIb型でも13等程度まで明るくなるが、この超新星は18等前後にしかならなかった。

発見当時は正体が不明で、後にIIn型超新星として呼ばれるようになった。

リンク
関連する用語
IIn型超新星
NGC 3198
棒渦巻銀河

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic