通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体
スペクトル型
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:スペクトルがた
品詞:名詞

恒星の分類方法の一つ。恒星の色、より正確にはスペクトル線の種類と強さによって分類するスペクトル分類で使われる。現在はハーバード式分類法によるものが一般に使われている。

目次
概要

一般には()O‐B‐A(青白)‐F(白)‐G()‐K()‐M()‐L‐T(暗赤)と分類する。

化学組成により、C型(N型やR型)、S型などとすることもある。

高温側からABC順に並んでいないのは、ハーバード大学の研究中に付けられた記号が由来なため。当初は色と温度の関係が知られていなかったため、ありふれた色から順にABC…と記号を振っていった。後に色と表面温度の関係が判明したため、これを表面温度順に並べるとO‐B‐A‐F‐G‐K‐Mというデタラメな順番になってしまった。

特徴
分類

基本的には、表面温度や色によって分類する。表面温度の範囲については、学説により様々あるので、ここでは一例とする。

表面温度(K)
O型≧30,000
B型10,000-30,000青〜青白
A型7,500-10,000青白〜白
F型6,000-7,500白〜黄白
G型5,200-6,000
K型3,700-5,200
M型2,400-3,700
表面温度(K)
L型1,300-3,000暗赤
T型750-1,000暗赤(赤外線)

L型とT型は褐色矮星を表わすため近年導入された、極めて低温の天体を表わすものである。

このほか、特殊な型として、次のようなものも使われる。

なお、OBAFGKMの順番を覚えるときは、"Oh Be A Fine Girl/Guy, Kiss Me"(ああ、素敵な彼女/彼になって、私にキスをして下さい)とするらしい。日本語では「お婆河豚噛む」などの覚え方がある。

性質
リンク
用語の所属
スペクトル分類
関連する用語
光度階級
HR図
HDカタログ
スペクトル
恒星

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic